Name
芝桜に木立風景 花器
Makers
ドーム工房Artpiece
Category
アールヌーヴォーArt Nouveau
Year
1900年頃
Material
マーブルガラス、エッチング、エナメル彩
Dimensions
H: 9.3 × W: 12.8 × D: 4.1 (cm)
Signature
Daum Nancy/底に手彩
Price
Contact for price
作品の販売価格についてはお問合わせください

芝桜の花畑風景を描いた、ドーム工房作の花器。

意匠としては春夏秋冬の季節の移ろいを表現した「春」のシリーズに該当します。

春のシリーズの中でも特に珍しい「芝桜」のモチーフ。

鮮やかなピンク色の芝桜と木立の近景、遠景が

エッチングとエナメル彩色を用いたドーム特有の細かい描写で表現されています。

四方の書き込みも丁寧で、仮にこの花瓶を解体して4面を並列に並べたとすると、

それだけで一つの絵(作品)になるほどです。とにかくすべてにおいて抜かりのない作品。

ぺインターの腕も非常に良く、小さめの作品ながらもこれぞ「ドーム」といった秀作です。

コンディションも非常に良く、クラックやチップなどなく、修復跡も見当たりません。

 

春をモチーフとしたドームの代表作品でいうと、華やかなお花が咲き乱れる花畠文「プレリアル」や

桜が春の雨に流される様を描いた「風雨樹木文」シリーズが有名で、

美術館や図録、はたまた買付時にも目にする機会は多かったのですが、今回は特に珍しい芝桜のモチーフ。

以前どこかの図録で一度だけ目にしたことがあるのですが、現物を手にしたのは今回が初めてです。

コロナ禍の中、この手の秀作には買付が難航しておりましたが、久々のスマッシュヒットです。

 

 

※レターケースといわれるサイズでもあります。

 

追記筆跡:西野

この作品へのお問い合わせRequest Information

    name *

    mail address *

    Address




    phone number

    request

    message

    * お名前とメールアドレスは必ずご記入ください。
    ご質問の内容によって、回答にお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。
    お問合せありがとうございます。

    ご返答までお時間を頂く場合があります。

    予めご了承ください。