Name
蒲萄とカタツムリ文花瓶
Makers
ドームDaum
Category
アールヌーヴォーArt Nouveau
Year
1900年頃
Material
ヴィトリフィカッシオン、エッチング、カボッション、アプリカッシオン
Condition
良い
Signature
Daum Nancy(底部に手彫り)
Price
Sold out
売約済 - 新規入荷はお問合わせください

濃厚な色合いで葡萄がデザインされた花器。

多数の色ガラスを混ぜ合わせ複雑な色合いを作り出す、ドームが得意としたヴィトリフィカッシオン技法が用いられています。

エッチング(酸化腐食技法)によって葡萄のシルエットや、葉の細かな葉脈までもが彫刻されています。

浮き彫りにされた葡萄の房の中のいくつかの実は、カボッションにより丸く半球状に盛り上がっています。
口元には、葡萄の葉っぱを食べるエスカルゴが後付け溶着されています。殻の部分など細かなグラヴィールが施され、まるで生きているかのようです。
ドームの技巧が凝縮された作品です。

照明を当てるとまた違った表情を見せてくれます。

この作品へのお問い合わせRequest Information

    name *

    mail address *

    Address




    phone number

    request

    message

    * お名前とメールアドレスは必ずご記入ください。
    ご質問の内容によって、回答にお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。
    お問合せありがとうございます。

    ご返答までお時間を頂く場合があります。

    予めご了承ください。