Name
梅文蓋物
Makers
オールドバカラPerfume-bottle-and-box
Category
グラスウェアGlasswares
Year
1900年頃
Material
クリスタルガラス、被せガラス、エッチング
Price
Sold out
売約済 - 新規入荷はお問合わせください

野ばらの図案が描かれた「EGRANTIER(エグランチェ)」と呼ばれるシリーズと同じ技法で作成された蓋物。

1880年頃のアールヌーヴォー色の強い作品で、どこかジャポニズムも感じられます。

通常この手の作品は色ガラス1色と透明ガラスで作成されることが多いですが、こちらの作品は非常に珍しく、

赤と緑の二色のガラスを被せた後、エッチングで文様を浮き彫りにしています。

クリアガラスの素地部分にはバカラ特有の地文様が入っています。

この作品へのお問い合わせRequest Information

    name *

    mail address *

    Address




    phone number

    request

    message

    * お名前とメールアドレスは必ずご記入ください。
    ご質問の内容によって、回答にお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。
    お問合せありがとうございます。

    ご返答までお時間を頂く場合があります。

    予めご了承ください。