Name
マリア・テレジア Maria Teresia オーバルプレート 6客組
Makers
Recommend for ProfessionalsRecommend-for-professionals
Category
Year
1900年代初頭
Material
カリガラス、ハンドグラヴィール、型吹き成型
Dimensions
w15.3 d12.2 h2.3 (cm)
Price
Sold out
売約済 - 新規入荷はお問合わせください

1910年にロブマイヤー社の3代目「シュテファン・ラート」がデザインを手がけた''Maria Teresia''シリーズの珍しいオーバルプレートが6客組で入荷しました。その名の通り、オーストリア「ハプスブルグ家」の女帝マリア・テレジアの紋章がハンドグラヴィールで施されています。ボール部は24面体のカットが施され、紋章だけでなく花かごや草花の優雅な装飾が目を引きます。グラス形状では何度か扱いがありましたが、プレートは初めての入荷で、非常に珍しい作品です。

大きすぎず小さすぎず絶妙のサイズ感の器です。先付や向付を盛り込んで頂いたり、お菓子の器としても活躍するフレキシブルなプレート。器見込みは約7cmほどあります。

この作品へのお問い合わせRequest Information

    name *

    mail address *

    Address

    phone number

    request

    message

    * お名前とメールアドレスは必ずご記入ください。
    ご質問の内容によって、回答にお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。

    お問合せありがとうございます。

    ご返答までお時間を頂く場合があります。

    予めご了承ください。