Name
銀巻き装飾 ソルト&ペッパー入れ ペアセット(スプーン別売り)
Makers
アメリカSilver-overlay
Category
グラスウェアGlasswares
Year
1910~30年頃
Material
ガラス、シルバーオーバレイ
Dimensions
一個のサイズ:幅5 x 3.5cm 高さ2cm
Condition
細かな使用傷あり
Signature
STERLING
Price
¥36,000 (税別)

シルバーオーバレイガラスで制作された調味料入れ。

*写真のスプーンは別売りとなります。
スウェーデンのシルバー製、ペアで¥25,000.(税別)です。

 

「シルバーオーバーレイ」とは銀巻き技法のひとつで、特殊な電動処理によって厚く銀板の文様がガラスや陶磁器に巻き付くまで析出させた装飾技法。

その後、線彫りの彫金を施したものも多くみられる。

もともとはヨーロッパで開発された技法であり、カップなどの陶磁器に施したものが多かったが、アメリカでは特にガラスに施され、独自な工芸品として当時の上流階級の人々に楽しまれていた。

この作品へのお問い合わせRequest Information

    name *

    mail address *

    Address




    phone number

    request

    message

    * お名前とメールアドレスは必ずご記入ください。
    ご質問の内容によって、回答にお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。
    お問合せありがとうございます。

    ご返答までお時間を頂く場合があります。

    予めご了承ください。