Name
薊にロレーヌ十字小酒杯
Makers
エミール・ガレEmille Galle
Category
グラスウェアGlasswares
Year
1884年~1889年頃
Material
アンバー色ガラス、エナメル彩、金彩、型吹き成型
Dimensions
高さ6.5cm 口径4.7cm
Condition
エナメル彩やガラスの厚みなど個体差有り
Signature
E. Galle Nancy/底部にエナメルで手描き
Price
¥190,000 (税込 ¥209,000)

エミール・ガレが存命中にデザインを手がけたサイズ感の良い小酒杯が入荷しました。薊とロレーヌ十字がモチーフになった作品です。この両方のモチーフは「愛国心」の表れとして使われていました。

ロレーヌ地方は18世紀までは独立国家でしたが、恵まれた交通上の位置と豊かな資源の故に、フランス、ドイツ、オーストリア各国が領有権をめぐって争っていた背景があります。それら侵略者を打ち破ったルネ2世の紋章であった薊は特別なモチーフとしてフランス国民に記憶されたことでしょう。また、普仏戦争 (1870-1871年) に敗北したフランスは、アルザス全域とロレーヌ北東部をドイツに占領されました。普仏戦争の結末はロレーヌの人々に忘れがたい屈辱を与えました。土地奪還を目指す戦いのシンボルとしてロレーヌ十字が用いられていました。薊の花言葉には「独立」や「触れないで」といった意味合いがあり、ロレーヌの自立、独立を象徴する花でもあります。

このようなエモーショナルな思いを込めた作品は「物言うガラス」とも評され、ガレを代表とする作風です。

ナンシー美術館のカタログによると1884年~1889年頃の作として紹介されています。

 

【参考文献】

Émile Gallé et le verre La collection du Musée de l’ École de Nancy,Somog y Éditions d’A r t, Musée de l’ École de Nancy, 2004,

cat.no.51 p.65, cat.no.59 p.67. (1884~1889年の作とされる同デザインの作品が掲載。)

 

※複数客在庫がございます。全て同じモチーフですが、手彩のエナメル彩の為それぞれ少しづつ描き方が異なります。

お問い合わせ頂けましたら最新の現在庫の図柄写真をお送り致しますので、お選び頂くことが出来ます。

GA-850

 

この作品へのお問い合わせRequest Information

    name *

    mail address *

    Address




    phone number

    request

    message

    * お名前とメールアドレスは必ずご記入ください。
    ご質問の内容によって、回答にお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。
    お問合せありがとうございます。

    ご返答までお時間を頂く場合があります。

    予めご了承ください。