Name
ジャポニズム ラスター彩蓋物 (model-s.859)
Makers
オールドバカラPerfume-bottle-and-box
Category
グラスウェアGlasswares
Year
1880年代~1900年代初頭頃
Material
クリスタルガラス、ラスター彩、エナメル彩
Dimensions
H: 14.5 × W: 11.3 (cm)
Condition
部分的な微細なエナメル彩の剥離
Price
¥200,000 (税込 ¥220,000)

アール・ヌーヴォー期のバカラ社の蓋物が入荷しました。当時流行したジャポニズムの影響でしょう、意図的に残された空白に美学を感じます。ボディと蓋部分のガラス自体はクリアガラスを用いていますが、ラスター彩色により淡い紫色に仕上がっています。蓋のつまみ部分は琥珀色のラスター彩色に変えられており、良いアクセントに。図柄は金彩と白、黄色、緑のエナメルで枝に咲き誇る花が描かれています。淡い色味の中に緑のエナメル彩が映えます。

カタログ資料によると水用セット、ナイトセットの:https://antique-kato.com/antique/decorative_glasses/item45741

シュガーボウルであることが記載されています。

1916年のカタログにはシュガーボウルの項目でs.859という品番で掲載されている器型です。

 

※ラスター彩とは:

ガラス表面に金属粉を塗し付け、焼き付けて彩色する技法。色味は様々あり、独特の光沢ある仕上がりとなる。アール・ヌーヴォー期のバカラ社においては様々な作品で使用された技法で、グラスやリキュールセット、ナイトセットなどに用いられた。ところ変わってアメリカのLouis Comfort Tiffanyのガラス工房はこのラスター彩を特に得意とし、何層にもわてってラスター彩を施したガラスを「ファブリルガラス」と名付け商標登録した。

 

参考文献
BACCARAT JEAN-LOUIS CURTIS , VERONIQUE NANSENET著
出版社:EDITIONS DU REGARD
190ページに同系統のデザインの作品が掲載。1881年~1884年のリリースであることが記載されています。

 

この作品へのお問い合わせRequest Information

    name *

    mail address *

    Address




    phone number

    request

    message

    * お名前とメールアドレスは必ずご記入ください。
    ご質問の内容によって、回答にお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。
    お問合せありがとうございます。

    ご返答までお時間を頂く場合があります。

    予めご了承ください。