Name
葡萄の枝に小鳥文 花器
Makers
フランソワ・ウジェーヌ・ルソーFrançois - Eugène Rousseau
Category
グラスウェアGlasswares
Year
19世紀後期
Material
クリスタルガラス、ハンドカット、ハンドグラヴィール
Dimensions
H: 27 × W: 16 × D: 10.5 (cm)
Condition
細かな擦り傷あり
Signature
底部に手彫りで「E Rousseau Paris」
Price
Contact for price
作品の販売価格についてはお問合わせください

アール・ヌーボーを代表する美術工芸作家、フランソワ・ウジェーヌ・ルソー(François - Eugène Rousseau)による作品。

ウジェーヌ・ルソーは、1827年パリ生まれ、1890年没。フランスの美術工芸におけるジャポニズムの先駆者として知られ、「北斎」をはじめとした日本美術に着想を得て、陶磁器やガラスなど様々な作品を制作しました。

葡萄の枝にとまった小鳥が月を見上げる様子が、ハンドカットで大胆に彫り描かれています。

底部に手彫りで「E Rousseau Paris」とサインが入っています。

GB-633

この作品へのお問い合わせRequest Information

name *

mail address *

Address




phone number

request

message

* お名前とメールアドレスは必ずご記入ください。
ご質問の内容によって、回答にお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。
お問合せありがとうございます。

ご返答までお時間を頂く場合があります。

予めご了承ください。